« 虫体採取ができませんでした | トップページ | 調査段階での蟻道の取り扱い »

2015年12月17日 (木)

床下の木片に

Inspection772 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。浴室入口付近にシロアリ被害らしきものがあるとのことから、シロアリ調査でお伺いした次第です。

問題となった浴室入口部分の床下では、土台にシロアリ被害が確認されました。基礎面に蟻道の構築が確認されていませんので、浴室内部からの侵入と考えられました。

その他の場所では特にシロアリ被害は確認されませんでしたが、床下地面に放置された木片に蟻道の構築が確認されました。ちなみに浴室からはかなり離れた場所になります。

これは羽アリの出口となる群飛孔で、空中蟻道とも呼ばれます。この周辺にシロアリのコロニーがあると判断されますが、浴室からは距離があるため同一コロニーでないと考えられます。地中にシロアリのコロニーがあるからと言って、必ず家屋に侵入し被害を与える訳ではありません。地中に餌となる木材があれば、わざわざ家屋に侵入する理由はないのです。

シロアリ対策を行うにあたっては、シロアリ調査を行い正しい判断の元にシロアリ対策を提案します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 虫体採取ができませんでした | トップページ | 調査段階での蟻道の取り扱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62886149

この記事へのトラックバック一覧です: 床下の木片に:

« 虫体採取ができませんでした | トップページ | 調査段階での蟻道の取り扱い »