« 正の走光性 | トップページ | 屋外で確認されるシロアリ被害 »

2015年12月25日 (金)

防腐剤と一緒に

Prevention232 昨日は、いつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。先日シロアリ調査を行った古民家の蔵の物件です。

この物件では、調査当日に被害部及び生息想定部に微量の薬剤を処理しています。これで、駆除処理は完了しているものと考えられます。

今回の処理は、シロアリ侵入防止処理を行いましたが、合わせて防腐剤も処理しました。この物件では、床下内のカビ臭がかなり感じられており、蔵であることも考慮して防腐剤を併せて処理することとしました。

シロアリ用の防腐防蟻薬剤の中には、カビに著効なもののあれば、劣効のものもあります。腐れとカビでは種類が異なりますので、薬剤をきちんと選定することが重要です。

カビ対策が必要か否かは、床下の状態と床上の環境を考慮して判断するべきであり、常にカビ対策が必要というものではありません。当社では、床下点検・シロアリ調査を通じて必要た対策を提案します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 正の走光性 | トップページ | 屋外で確認されるシロアリ被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62936656

この記事へのトラックバック一覧です: 防腐剤と一緒に:

« 正の走光性 | トップページ | 屋外で確認されるシロアリ被害 »