« 屋外で確認されるシロアリ被害 | トップページ | 二輪車修理 »

2015年12月27日 (日)

捕虫紙検定

Lyctidae287 現場作業は終了しましたが、この時期はアフリカヒラタキクイムシ対策として設置しているライトトラップの検定作業があります。

昨日は愛知県の物件から送付頂いた、ライトトラップ捕虫紙の検定を行いました。この物件ではライトトラップを2台設置していますが、合計の捕虫数は2桁台の数値となりました。

この物件では、細かく撤去部位の指定など行えなかったことから、発生部位の完全撤去ができていないことが、今回の捕獲数に繋がったものと判断されました。

今後のモニタリング結果の推移次第で、どう対処すべきかを考える必要があります。アフリカヒラタキクイムシだから、この方法で対応すれば大丈夫ということがありません。現場の状況に応じて対応を考える必要があります。

当社ではアフリカヒラタキクイムシ対策を実施しています。アフリカヒラタキクイムシ対策につきましては阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照のうえお問い合わせ下さい。なお、具体的な対策につきましては現地調査が必須で、調査につきましては有料となりますのでよろしくお願いします。

|

« 屋外で確認されるシロアリ被害 | トップページ | 二輪車修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62948893

この記事へのトラックバック一覧です: 捕虫紙検定:

« 屋外で確認されるシロアリ被害 | トップページ | 二輪車修理 »