« 二輪車修理 | トップページ | 大掃除で見つかったもの »

2015年12月29日 (火)

洗面で発生した昆虫の同定

Collembola02 右の写真は先日いつもお世話になっている建築士の先生から送られてきた、虫体の検体です。新築から約8ヶ月が経過した物件で、洗面所でよく見かける虫を採取したとのことです。

虫体を同定した結果、送付頂いた虫はトビムシ類でした。ちなみにトビムシ類は種類が多く、特定することが困難です。

トビムシは基本的に雑食性で、多くは菌類や植物腐植質を餌としているため、自然界では分解者としての役割を担っています。トビムシ類は、益虫としての役割を持っているため、薬剤処理が不必要である旨を建築士の先生に報告しました。実施するのであれば、餌となるカビ類の対策となります。

大発生しているケースでは精神的な面から駆除処理が必要でしょうが、小発であれば無理矢理薬剤処理する必要はありません。発生するには必ず理由がありますので、その理由から対応するのがよいのかもしれません。

|

« 二輪車修理 | トップページ | 大掃除で見つかったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/62962079

この記事へのトラックバック一覧です: 洗面で発生した昆虫の同定:

« 二輪車修理 | トップページ | 大掃除で見つかったもの »