« リフォーム時のシロアリ対策 | トップページ | 駆除処理はカスタムメード »

2016年1月28日 (木)

生息部位への注入処理

Extermination495 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生の依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。以前シロアリ調査の下見をしているリフォーム予定の物件です。

本格的なリフォームの日程は未定ですが、先にシロアリ駆除を先行することとなっています。問題はこの建物の構造で、床下の高さが不十分な物件です。そのため、先に床を撤去したため、シロアリ駆除を行った次第です。

年間を通じて最も気温の下がる時期ですが、シロアリは元気に活動していました。生息部位や侵入経路などを中心に薬剤注入処理を行いました。ここで使用した薬剤量は、数リットルです。シロアリ駆除をするために、大量の薬剤は必要ありません。シロアリの生態と薬剤の特性を理解し、より効果的な処理方法を選択すれば、シロアリ駆除は完了します。駆除できないのは、シロアリの動きを理解できていない場合や薬剤の特性を生かした使い方ができない場合です。

当社では、シロアリ駆除を基本としたシロアリ対策を行っています。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« リフォーム時のシロアリ対策 | トップページ | 駆除処理はカスタムメード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63133709

この記事へのトラックバック一覧です: 生息部位への注入処理:

« リフォーム時のシロアリ対策 | トップページ | 駆除処理はカスタムメード »