« 水漏れがあっても | トップページ | 腐朽が目立ちましたが »

2016年1月15日 (金)

小屋裏に侵入したものは

Disinfection01 昨日はいつもお世話になってるハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。小屋裏に大量の糞のようなものが堆積しているとのことから、事前に写真を送付頂きました。

写真から判断すると鳥類の糞と確認され、侵入経路の閉塞と糞の清掃を指示しました。鳥類の糞には、多くの菌類が含まれており、菌の種類によっては感染症の原因となることから、殺菌消毒処理を行いました。

ちなみに鳥類は、その死骸からムクドリでした。小屋裏の隙間から、侵入していたようでした。やはり家屋は定期的に点検し、不具合がないかどうか調べることが重要です。これはシロアリも同様で、定期的な点検調査で早期発見、早期対応することが大切です。

当社では、不必要な薬剤処理は行わず、使う場合は安全に配慮して必要最小限で処理します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 水漏れがあっても | トップページ | 腐朽が目立ちましたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63067218

この記事へのトラックバック一覧です: 小屋裏に侵入したものは:

« 水漏れがあっても | トップページ | 腐朽が目立ちましたが »