« 駆除処理はカスタムメード | トップページ | 生息場所へ »

2016年1月30日 (土)

解体によって明らかになったシロアリ被害

Damage46 昨日は一昨日の現場にお伺いし、被害の酷かった洗面の解体に立ち会いました。侵入経路の確認と処理方法の検討が目的です。

当該箇所は配管が縦横無尽に配置されており、床下に潜り込んでの点検調査は不十分でした。ある程度はシロアリの侵入経路と生息範囲を推定していたので、答え合わせも可能です。

お施主さまや大工さんは被害の大きさに驚かれておられましたが、被害は予想通りで侵入経路も想定通り、浴室基礎内側からの侵入でした。

解体時にはシロアリの動きの答え合わせができるため、できるだけ立会っています。決して同じ動きではなく、構造が違えば侵入経路も異なります。それだけに一つでも事例を見ることが重要なのです。

|

« 駆除処理はカスタムメード | トップページ | 生息場所へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63137918

この記事へのトラックバック一覧です: 解体によって明らかになったシロアリ被害:

« 駆除処理はカスタムメード | トップページ | 生息場所へ »