« 小屋裏に侵入したものは | トップページ | 薬剤処理の必要がない床下 »

2016年1月16日 (土)

腐朽が目立ちましたが

Inspection777 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。現在リフォーム中の物件で、浴室跡の土台に被害があるものの、腐朽か蟻害かの判別がつき難いとのことから、シロアリ調査の依頼を頂いた次第です。

早速現場で確認を行うと、判別のつきにくい箇所はいずれも腐朽でした。しかし、その他の部分を確認するとシロアリ被害も確認されました。少し厄介なのが、基礎面に蟻道を構築する教科書に載っているような侵入ではなく、玄関方向からコンクリートの隙間を通って入っており、周辺に蟻道は確認されていません。

現時点でシロアリの生息は季節的要因も重なり確認されていませんが、何か対策は必要です。お施主さまの意見、ハウスビルダーさんの構造的な対策を踏まえて最善の選択を行いたいと思います。

当社では、徹底したシロアリ調査結果から、現場の状況を判断して最適なシロアリ対策を提案します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 小屋裏に侵入したものは | トップページ | 薬剤処理の必要がない床下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63071401

この記事へのトラックバック一覧です: 腐朽が目立ちましたが:

« 小屋裏に侵入したものは | トップページ | 薬剤処理の必要がない床下 »