« 腐朽が目立ちましたが | トップページ | 冬支度 »

2016年1月17日 (日)

薬剤処理の必要がない床下

Inspection778 昨日はシロアリ調査のため、大阪府内の物件にお伺いしました。築15年前後の物件で、新築後全く何もシロアリ対策を行っていないので、不安に感じられたお施主さまからの依頼です。

早速、床下側からの点検調査を行いました。この物件の床下構造は、ベタ基礎などコンクリートではなく、布基礎で地面には防湿シートが敷き込まれ、押さえの土が被せてありました。しっかりした地盤なので、ベタ基礎にする必要はなかったのでしょう。

シロアリ調査結果ですが、現時点でシロアリの被害、侵入や生息は確認されませんでした。だた1箇所で、基礎面に蟻道の構築が確認されましたが、途中で構築するのを断念し、既に放棄された状態でした。

当社がお薦めしたシロアリ対策ですが、一般的に行われる薬剤処理は必要ありません。この15年でシロアリの侵入がないのですから、今後も侵入しない方が可能性は高いのです。当然ですが何もしないと不安ですから、早期発見のために定期的にシロアリ調査をすれば問題ないのです。高額なシロアリ対策の必要もなく、薬剤の曝露に恐れる必要はありません。

当社では徹底したシロアリ調査を行い、必要なシロアリ対策を提案します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 腐朽が目立ちましたが | トップページ | 冬支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63075498

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤処理の必要がない床下:

« 腐朽が目立ちましたが | トップページ | 冬支度 »