« 天井付近のシロアリ被害 | トップページ | 触感 »

2016年1月24日 (日)

理解頂くために

Lyctidae291 昨日は、ヒラタキクイムシ対策で兵庫県内の物件にお伺いしました。この物件では、外来種のアフリカヒラタキクイムシが発生しています。

外来種のアフリカヒラタキクイムシは、被害が甚大となるケースがあります。これは生息している木材の種類により、被害の大小が決まります。この物件では、幸いに被害の程度は比較的軽度の部類でした。しかし、薬剤処理だけでは対応できないため、材料交換も必要です。

今回はリフォームを担当する業者さんとの打ち合わせでした。アフリカヒラタキクイムシは被害材を交換するだけでは再発しますし、材料の選定も非常に重要です。その上でどう薬剤処理を組み合わせるかが重要なポイントになりますので、その旨を担当する業者さんに説明し、ご理解を頂きました。

アフリカヒラタキクイムシ対策は、被害や生息状況に応じた対策が必要です。当社のヒラタキクイムシ対策は現場調査が必須です。なお、調査は有料となりますのでご注意頂き、阪神ターマイトラボのウェブサイトからお問い合わせ下さい。

|

« 天井付近のシロアリ被害 | トップページ | 触感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63107294

この記事へのトラックバック一覧です: 理解頂くために:

« 天井付近のシロアリ被害 | トップページ | 触感 »