« モニタリング | トップページ | 長期優良住宅の防腐防蟻処理 »

2016年2月 9日 (火)

ドアの底に穴が

Lyctidae293 昨日はヒラタキクイムシ対策で兵庫県内の物件にお伺いしました。この物件で発生しているヒラタキクイムシは外来種のアフリカヒラタキクイムシです。

リフォーム業者さんに理解と協力を頂き、被害材等の交換、薬剤処理などを実施しました。その際、お施主さまがドアの底面に穴が開いているのに気付かれ、ご相談を頂いたことからお伺いした次第です。

それが右の写真で、薬注処理を行うと内部は繋がっているようですが、内部には木粉は詰まっていませんでした。ヒラタキクイムシではないようですが、木材穿孔性害虫の被害跡と考えられました。

特に何もする必要はないと考えられましたが、お施主さまの要望から薬剤塗布処理を行いました。お施主さまの不安はできるだけ払拭するのも、当社のポリシーです。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« モニタリング | トップページ | 長期優良住宅の防腐防蟻処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63182593

この記事へのトラックバック一覧です: ドアの底に穴が:

« モニタリング | トップページ | 長期優良住宅の防腐防蟻処理 »