« 毎年羽アリが出ていました | トップページ | 研修旅行1日目 »

2016年3月20日 (日)

被害が少ないと判断されましたが

Inspection793 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。リフォーム中の物件で、床組の解体が終わった段階です。

ハウスビルダーさんが見たところ、シロアリ被害があるとのことから、シロアリ被害及び生息状況の調査と具体的対策の立案が今回の目的です。ハウスビルダーさんの事前調査では、局所的な被害という判断でした。しかし、実際には多くの箇所で蟻道の構築や被害が確認されました。最も被害の甚大な箇所では、活動中のヤマトシロアリが確認され、活性の高い状態でした。

被害が大きくても、適切な対策を行えば薬剤の大量散布に頼る必要はありません。シロアリに対する効果と、お住まいの方の安全を考慮した対策を立案したいと思います。設計から施工まで対応されているハウスビルダーさんですが、蟻害等見つけるのはどうも感覚が違うようです。やはり、シロアリ技術者に調査判断を委ねることが必要でしょう。但し、シロアリ防除業者の全てがシロアリ技術者ではなく、本当のシロアリ技術者は一部しかおられませんのでご注意下さい。

当社では、現場の状態に合わせてシロアリ対策を提案します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 毎年羽アリが出ていました | トップページ | 研修旅行1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63367051

この記事へのトラックバック一覧です: 被害が少ないと判断されましたが:

« 毎年羽アリが出ていました | トップページ | 研修旅行1日目 »