« 見た目には | トップページ | ライトトラップの目的 »

2016年4月 9日 (土)

ライトトラップ捕虫数

Lyctidae300 昨日から1泊2日の日程で、愛知県への出張です。アフリカヒラタキクイムシ対策が目的です。

最もアフリカヒラタキクイムシの発生している物件でも、ライトトラップによるモニタリングを行っています。前回までは捕虫紙に捕虫されたアフリカヒラタキクイムシを計測するのを躊躇するほど捕虫されていました。捕虫紙の捕虫面が見えないほど捕虫されていましたが、今回は大きく捕虫数は減っていました。

昨年の秋に捕虫紙とランプ交換を行っており、成虫発生季節とは若干外れているため、この秋の結果でこれまでの捕獲の効果が見えてきます。

アフリカヒラタキクイムシの対策は、化学的防除も組み合わせて実施するのが一般的ですが、この物件では構造的な問題から化学的防除が使えません。そのため、物理的対策が中心となりますが、できる限りの工夫をして行きたいと思います。

アフリカヒラタキクイムシ対策は、現場の状況に合わせた対応が必要です。当社では、現場調査(有料)を実施した上で対策を行います。詳細につきましては、阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参考の上、お問い合わせ下さい。

|

« 見た目には | トップページ | ライトトラップの目的 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63461412

この記事へのトラックバック一覧です: ライトトラップ捕虫数:

« 見た目には | トップページ | ライトトラップの目的 »