« 羽アリ駆除にはなりませんが | トップページ | 2階から羽アリ »

2016年4月25日 (月)

初期対応の差によって

Lyctidae302 昨日はヒラタキクイムシ調査で、大阪府内のマンションにお伺いしました。このマンションで発生しているヒラタキクイムシは、外来種のアフリカヒラタキクイムシです。

複数の物件を確認させて頂きましたが、被害が今も続いている物件と、既に被害が終息している物件が確認されました。お施主さまのお話しを聞くと、それぞれに同じような初期対応をされています。

初期対応によって、被害の状況が変わります。
このような初期対応をすれば、必ず被害が止まる訳ではなく、初期対応は状況に合わせて行う必要があるのです。

当社では現場調査を行うことで、初期対応の方法のアドバイスをさせて頂きます。なお、当社の現地調査は有料です。お問い合わせは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いします。

|

« 羽アリ駆除にはなりませんが | トップページ | 2階から羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63531540

この記事へのトラックバック一覧です: 初期対応の差によって:

« 羽アリ駆除にはなりませんが | トップページ | 2階から羽アリ »