« 天井裏でのシロアリ駆除処理 | トップページ | マンション上層階で確認された羽アリ »

2016年5月 7日 (土)

まだまだ羽アリの群飛が続くようです

Inspection807 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。ゴールデンウィーク前に玄関付近から羽アリが発生したとのことです。

早速床下側から点検調査を行ったところ、床下換気口の枠木にシロアリ被害が確認され、枠木内部ではヤマトシロアリの生息とともに、羽アリも確認されました。まだ今後も、羽アリの群飛が続くものと考えられました。

お施主さまは、シロアリの羽アリは名前から白いと考えられていたようです。写真で見てお解かりの通り、ヤマトシロアリの羽アリはほぼ黒色です。胸部が黄色の場合が多くなっていますが、黒に近いものもあります。季節的にこの時期に出る羽アリは、ヤマトシロアリの羽アリと言っても過言ではありません。速やかに専門家に確認して貰い、床下の点検調査を行うべきです。

シロアリ防除業者の多くは、床下点検調査が無料となっています。点検調査作業は簡単な作業ではなく、技術と知識が必要で、多くのコストがかかります。そのため、当社のシロアリ調査は有料です。無料でシロアリ調査を行うシロアリ防除業者は、高額な薬剤大量散布により無料調査のコストを回収するのです。逆に言うと無料調査のコストを回収するために、不必要な薬剤散布を勧めます。

当社では必要な対策のみコストに反映させます。不要な工事を勧めることはなく、シロアリ駆除を基本としたシロアリ対策を提案します。詳細につきましては阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照頂き、お問い合わせをお願いします。

|

« 天井裏でのシロアリ駆除処理 | トップページ | マンション上層階で確認された羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63589711

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ羽アリの群飛が続くようです:

« 天井裏でのシロアリ駆除処理 | トップページ | マンション上層階で確認された羽アリ »