« 駆除完了確認 | トップページ | 撤去範囲を見極める必要があります »

2016年7月30日 (土)

雨漏れがなくても天井裏にまで

Extermination519 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、奈良県内の物件にシロアリ駆除でお伺いしました。

この物件では、5月に羽アリが発生しています。問題は建物の構造で、床下がベタ基礎ですが床下が殆どない転ばし床構造です。特定できない隙間から侵入したものと、考えられました。

問題はその被害の広がり方で、天井裏にまで蟻道が伸びていました。最も駆除し難い構造ですので、被害部や蟻道部や少しづつ薬剤注入処理を行いました。

この場合に重要なのは、どの薬剤をどの濃度でどの量を注入するかがポイントです。一般的なシロアリ防除業者が使用する動力噴霧器は、必要ありません。そのような機械を使えば注入量として多過ぎるのです。

シロアリ駆除は、知識と技術があれば僅かな薬剤量で対応できます。細かいシロアリ駆除では、動力噴霧器の必要はないのです。安全性の高い薬剤でも大量散布すれば、薬剤曝露リスクは向上します。当社では安全性の高い薬剤を用いて、必要最小限の薬剤量で対応することで安全性を確保します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 駆除完了確認 | トップページ | 撤去範囲を見極める必要があります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63987456

この記事へのトラックバック一覧です: 雨漏れがなくても天井裏にまで:

« 駆除完了確認 | トップページ | 撤去範囲を見極める必要があります »