« 羽アリの発生 | トップページ | イエシロアリの羽アリが »

2016年7月13日 (水)

床下が低くなった物件

Inspection836昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。先日、羽アリが確認されたとのことです。

早速現場で羽アリ死骸を確認すると、オオハリアリの有翅虫でした。オオハリアリが生息している物件では、シロアリも生息している事例が多く見られていることから、周辺の調査を行いました。すると便所壁内で、シロアリ被害を確認しました。

問題はこの建物の構造で、築年数の古かった家屋だったため、リフォームの際床下に土間コンクリートを打設しています。そのため、床下の高さが侵入できる高さがないため、床下側からの点検調査もできなければ、処理もできません。床上からどのようにして対処するのかを、工夫して対応したいと思います。

床下のない物件でのシロアリ駆除は、技術者の技量が問われます。当社では自社での試験研究により、難防除物件でのシロアリ駆除ができるよう技術開発しています。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 羽アリの発生 | トップページ | イエシロアリの羽アリが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63905915

この記事へのトラックバック一覧です: 床下が低くなった物件:

« 羽アリの発生 | トップページ | イエシロアリの羽アリが »