« 生息場所からの侵入を考慮すること | トップページ | 床下が低くなった物件 »

2016年7月12日 (火)

羽アリの発生

Inspection835昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。つい最近リフォームを行った物件で、羽アリが発生したとのことです。

早速現場で聞き取りを行うと、キッチンの壁面で先週羽アリが発生したとのことです。床下収納庫から確認したところ、特に問題はなさそうです。床下の構造は布基礎+土間コンクリートで、配管周辺は土壌が露出していました。屋外の調査では、発生した付近の外壁で羽アリの死骸が確認されました。羽アリの死骸を確認すると、クロアリの一種であるトビイロケアリの羽アリでした。

床下で徘徊が確認されなかったことから、壁内で営巣している可能性が考えられました。虫嫌いなお施主さまの意向から、建物全体へのシロアリ対策を含めトビイロケアリ駆除を実施することとなりました。

このシーズンに室内で確認される羽アリの多くは、トビイロケアリです。クロアリだからと安心していると、営巣した壁内で腐朽が進行する場合があるため注意が必要です。また、オオハリアリの羽アリもこの時期に発生します。オオハリアリに刺されると激痛ですので注意が必要です。またオオハリアリが生息している場合、シロアリも生息しているケースがあるため注意が必要です。

アリだからと安易に考えず、きちんと種類を特定した上で対処することが重要です。アリ対策につきましては阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 生息場所からの侵入を考慮すること | トップページ | 床下が低くなった物件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63905910

この記事へのトラックバック一覧です: 羽アリの発生:

« 生息場所からの侵入を考慮すること | トップページ | 床下が低くなった物件 »