« 床下のない建物 | トップページ | 種類によって対策が異なります »

2016年7月 3日 (日)

対策の第一歩

Lyctidae307 昨日は、昨年から案件であったヒラタキクイムシ対策が始まりました。マンションで数件の被害事例があることから、順次対応することとなりました。

発生しているヒラタキクイムシは、外来種のアフリカヒラタキクイムシです。少し時間が経過していますので、被害範囲は拡張傾向にあります。対策は複数の対策を実施すると同時に、モニタリングを行いながら継続的に対策を行いました。

過去に、被害部の撤去及び交換、あるシロアリ防除業者が部分的に対応していますが、再発し被害が拡大しています。対策を間違えると、再発し被害は発生処理よりも拡大します。再発物件の対策は、初見被害物件よりも困難ですが、工夫を重ねて対処したいと思います。

アフリカヒラタキクイムシ対策は、現場調査と適切な判断の元に対策を立案します。なお、現場調査等は有料ですので、ご注意下さい。アフリカヒラタキクイムシ対策は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照の上、お問合せ下さい。

|

« 床下のない建物 | トップページ | 種類によって対策が異なります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/63864338

この記事へのトラックバック一覧です: 対策の第一歩:

« 床下のない建物 | トップページ | 種類によって対策が異なります »