« 屋外礎石に形成された蟻道 | トップページ | 燻蒸処理 »

2016年8月 8日 (月)

室内を徘徊

Ant108 昨日は、いつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。キッチン周辺で、クロアリが徘徊しているとのことです。

早速現場でクロアリを捕獲し同定した結果、ルリアリでした。室内徘徊種としてよく知られるルリアリですが、皆さんお困りのようです。当該物件のお施主さまも、アリの巣ころりなどの毒餌剤や木酢液を噴霧されたそうですが、全く効果がないとのことです。

毒餌剤はルリアリの嗜好性と一致していないため、見向きもしません。特にルリアリは、食べ飽きが早いため、毒餌剤は難しいようです。困った時に木酢液はよく使われますが、なぜ木酢液が効くのかを考えると、クロアリに効果が示す理由がないため効果が全くないという結論に達します。効果の有無には必ず理由があり、理由なく効果があることを議論するのは、非科学的です。

より効率的に駆除するためには、何故効くか、どのように効かすかがポイントです。そのために、使用する薬剤の種類や濃度、処理量や処理方法に工夫が必要なのです。ラベルに記載された通りに使うのも一つに方法ですが、通常よりより少ない量と薄い濃度で使い、最大限に効果を発揮させることがプロの仕事だと考えています。クロアリ対策につきましては阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照頂き、お問合せ下さい。

|

« 屋外礎石に形成された蟻道 | トップページ | 燻蒸処理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64029425

この記事へのトラックバック一覧です: 室内を徘徊:

« 屋外礎石に形成された蟻道 | トップページ | 燻蒸処理 »