« 定期健康診断 | トップページ | 講演案内 »

2016年8月14日 (日)

床下で生息していた痕跡が

Inspection843 昨日は、兵庫県内の物件にお伺いしました。室内で、ゴキブリをよく見かけるとご相談を頂いた物件です。床下側からの点検調査が今回の目的です。

この物件ではリフォームが実施されており、床下点検口が作られていないため、今回新設した上で床下の点検調査を行いました。

その結果、キッチン床下部分を中心にゴキブリの死骸、卵鞘などが多数確認されました。既に床下部分は、生息域となっていることを示唆しています。対策としては、床上以外にも床下も考慮する必要があります。当然ですが、本来の侵入経路である、屋外排水経路も対象となります。

ちなみに床下点検調査を行った結果、シロアリが構築した蟻道や被害が確認されました。現時点で生息は確認されていないため、定期的な点検調査で十分対応可能と考えます。ゴキブリ対策もシロアリ対策も、侵入経路、生息域及び活動域を把握するための点検調査は非常に重要です。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 定期健康診断 | トップページ | 講演案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64052912

この記事へのトラックバック一覧です: 床下で生息していた痕跡が:

« 定期健康診断 | トップページ | 講演案内 »