« 潜伏場所 | トップページ | 大雨で »

2016年9月 8日 (木)

見つかった被害

Inspection856 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。リフォーム中にシロアリ被害が確認されたとのことです。

早速現場で調査を行うと、玄関入口枠、便所土台や柱にシロアリ被害が確認されました。土台は解体途中でシロアリの生息が確認されたとのことです。前日に撤去された土台を調査すると、まだ動いているヤマトシロアリが確認されました。

既に撤去された箇所や被害部では、シロアリの姿は確認されていません。これは、本来の巣である地中へ潜っているだけで、多くの場合リフォーム終了後に再侵入します。被害があるのにシロアリがいない場合、勝手な判断でシロアリ対策を怠ることは厳禁です。シロアリ技術者に判断を委ねる必要があります。但し、シロアリ防除業者の全てがシロアリ技術者ではありません。無駄な薬剤処理を勧める場合には、シロアリ技術者ではありませんのでご注意下さい。

当社では、シロアリの生息状況や被害状況等適切なシロアリ調査結果を元に、最適なシロアリ対策を提案します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照の上、お問合せ下さい。

|

« 潜伏場所 | トップページ | 大雨で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64171501

この記事へのトラックバック一覧です: 見つかった被害:

« 潜伏場所 | トップページ | 大雨で »