« 活動場所から | トップページ | 住宅医スクール2016東京 »

2016年9月15日 (木)

処理には工夫が必要です

Extermination529 右の写真は、先日ルリアリ駆除でお伺いした物件で撮影した1枚です。窓枠螺子穴から薬剤処理をしている様子です。

以前研修会で、同じような写真を紹介したことがあります。見様見真似で同じような処理を行ったところ、駆除できなかったとご連絡を頂きました。

これは、単に螺子穴から薬剤注入している訳ではありません。壁内に営巣しているルリアリに対して、効率的に処理できるよう工夫をしています。

薬剤にも工夫をしており、薬剤使用量は僅かです。大量に使用すればルリアリの駆除ができるでしょうが、液垂れによって壁や天井を汚してしまいます。わずかな量で駆除してこそ、プロの仕事です。

害虫駆除は何の薬剤を使うかだけでなく、処理方法や処理量など幾つも工夫が必要です。アリを始めとする家屋害虫駆除のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いします。

|

« 活動場所から | トップページ | 住宅医スクール2016東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64207970

この記事へのトラックバック一覧です: 処理には工夫が必要です:

« 活動場所から | トップページ | 住宅医スクール2016東京 »