« 以前に羽アリが出ました | トップページ | まだまだ排出は続きます »

2016年9月21日 (水)

薬剤処理の必要性

Prevention269 昨日は継続的に対応している兵庫県内の宿泊・レクレーション施設にお伺いしました。この施設では基本的にIPMで管理を行っています。

IPM管理では6ヶ月以内ごとに1回、定期に統一的に調査を実施し、当該調査の結果に基づき発生を防止するため必要な措置を講ずることとなっています。発生のし易い場所では2ヶ月に1回、その生息状況等を調査し、必要に応じ、発生を防止するための措置を講ずることとなっています。

施設管理者の方と相談し、当該施設では発生のし易い場所について、2ヶ月毎に薬剤処理を行っています。処理については生息するであろう箇所へ、可能な限り薬剤量を減らして処理を行っています。

管理が行き届いていることもあり、ゴキブリの発生は確認されていないことから、今後もこの状態を継続していきたいと思います。当社ではIPMの手法で害虫対策を行っています。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 以前に羽アリが出ました | トップページ | まだまだ排出は続きます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64229953

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤処理の必要性:

« 以前に羽アリが出ました | トップページ | まだまだ排出は続きます »