« 非破壊シロアリ生息調査 | トップページ | リフォーム時のシロアリ対策 »

2016年11月10日 (木)

遅ればせながら

生息想定部への薬剤処理 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、兵庫県内の物件にシロアリ駆除でお伺いしました。

この物件は、今年の5月に羽アリが発生した物件です。掘り込み車庫の上部にある玄関側壁で発生しましたが、床下にシロアリ調査ではシロアリ被害、生息及び侵入は確認されていません。小員の都合もあり、慌てて駆除処理を必要としなかったことからこの時期の処理となりました。

薬剤処理は必要最小限量で実施しており、シロアリの生態や薬剤の特性を加味して処理をしています。シロアリ駆除に大量の薬剤は必要なく、今回使用した薬剤量は1リットルなので薬剤費用もかからないため施工費用は安価です。

しかも床下側には高額な薬剤処理はしておらず、定期的な点検調査で十分対応可能なのです。当社では高額な床下全面処理ではなく、必要な箇所のみ薬剤処理するシロアリ対策と定期的な床下点検をお薦めしています。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 非破壊シロアリ生息調査 | トップページ | リフォーム時のシロアリ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64466231

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら:

« 非破壊シロアリ生息調査 | トップページ | リフォーム時のシロアリ対策 »