« 閑話休題 セレクトポジションランプ交換 | トップページ | 活動範囲に »

2016年11月25日 (金)

壁内で確認されたシロアリ被害

Inspection875 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。便所にある換気扇の周辺から雨漏れがするため、修理を行うべく壁を開けたところシロアリ被害が確認されたとのことから、シロアリ調査でお伺いしました。

早速現場を確認すると、壁内にはカビの発生が確認されるとともに、天井付近までシロアリ被害が確認されました。シロアリは地中から侵入し、雨水によって湿気を保持した木材に大きな被害を与えていました。

問題はこの建物で、とある施設であり住宅ではありません。配管補修のために開口された床下点検口から覗いたところ、四方を布基礎で囲まれ、他の床下への侵入はできません。それでも丁寧に調査観察すると、基礎面に蟻道の構築は確認されていないものの、基礎と土台の隙間に蟻道の構築が確認されました。

いずれにしても床下点検口を新設しながら、状況に合わせて更に新設する必要があるようです。被害箇所がここだけであれば、当該箇所のみシロアリ駆除処理を行い、他の床下部分については状況に合わせてシロアリ対策を考えたいと思います。

シロアリ被害が確認されたため床下全面に薬剤処理を行うシロアリ対策は、当社ではお薦めしていません。シロアリ調査によって、必要と考えられる対策を実施するのが当社のシロアリ対策です。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 閑話休題 セレクトポジションランプ交換 | トップページ | 活動範囲に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64537599

この記事へのトラックバック一覧です: 壁内で確認されたシロアリ被害:

« 閑話休題 セレクトポジションランプ交換 | トップページ | 活動範囲に »