« 壁内で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 放置してはいけない雨漏れ »

2016年11月26日 (土)

活動範囲に

Extermination534 昨日は、シロアリフォーラムメンバーであるサポート仙北の早坂さんにお問合せがあった大阪府内の物件にお伺いしました。先日から室内で、羽アリが発生しているとのことです。

晩秋から初冬にかけて発生する羽アリは、サクラアリの羽アリです。室内側の壁面の畳の隙間から発生する場合の殆どは、床下で営巣しています。

床下側から調査し、多数の巣穴を確認しました。その巣穴に対して、最適な薬剤処理を実施しました。中には外部から侵入している可能性も考えられたことから、屋外側についても必要な箇所の処理を行いました。

よくサクラアリの駆除について、お問合せ頂きます。その殆どがどのような処理内容なのかの問い合わせですが、これは現場の状況を調査しないとわかりません。調査結果を元に、どのような薬剤をどのように使用するか、どこに使用するかを判断する必要があります。

当社では、調査結果を元に対策を考えます。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照の上、お問い合わせ下さい。

|

« 壁内で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 放置してはいけない雨漏れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64541575

この記事へのトラックバック一覧です: 活動範囲に:

« 壁内で確認されたシロアリ被害 | トップページ | 放置してはいけない雨漏れ »