« 大掃除で | トップページ | 久しぶりの床下点検調査で »

2016年12月24日 (土)

普段使われていない箇所で

Inspection882 昨日はシロアリ調査のため、兵庫県内の物件にお伺いしました。この物件は以前シロアリ駆除処理を実施しています。今回は、普段使われていない蔵を開け、段ボールを移動させたところ、床板と段ボールにシロアリの被害と生息が確認されていたとのことです。

被害を与えているのはヤマトシロアリですが、写真はヤマトシロアリを如実に表しています。移動させた段ボール下の床板は濡れたような状態にあります。シロアリは被害部に湿気を持ち込んでいます。

ヤマトシロアリは水を運ぶことができないとされていますが、実際の現場を見ると上手く湿気をコントロールしています。湿った土を運び、湿気させて食害することも可能です。直接水を運ばなくても、湿気を持ち込むことは可能なのです。

残念ながらこの蔵には、床下点検口がありませんので、改めて床下点検口を新設した上でシロアリ駆除処理を行うこととなりました。

普段から使われていない場所は、シロアリの餌食となることが多々あります。丁度大掃除の時期ですので、使われていない場所を点検調査してみませんか。

|

« 大掃除で | トップページ | 久しぶりの床下点検調査で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64667009

この記事へのトラックバック一覧です: 普段使われていない箇所で:

« 大掃除で | トップページ | 久しぶりの床下点検調査で »