« 10年経過しても | トップページ | 補虫紙検定 »

2016年12月18日 (日)

侵入想定箇所

Prevention288 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。リフォーム中物件でのシロアリ対策です。

この物件では事前のシロアリ調査で、シロアリ被害が確認されています。なお、今回のリフォームで土間コンクリートの打設は行われません。お施主さまとハウスビルダーさんと打ち合わせの結果、シロアリ対策を施しこととなりました。

現時点で生息は確認されていませんので、構造的にシロアリの侵入すると考えられる箇所について薬剤処理を行いました。薬剤の大量散布に頼らず、必要な箇所のみ処理を行いますので不必要な費用も、薬剤曝露のリスクも必要ありません。

シロアリ対策は、薬剤の大量散布をすることではありません。必要に応じて処理されるべきであり、お住まいの方の安全を確保することが重要です。当社のシロアリ対策は、必要最小限の薬剤量で対策を行います。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 10年経過しても | トップページ | 補虫紙検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64641512

この記事へのトラックバック一覧です: 侵入想定箇所:

« 10年経過しても | トップページ | 補虫紙検定 »