« 床下の湿気 | トップページ | 木材保存士登録更新講習会 »

2016年12月 6日 (火)

侵入し易い箇所

Prevention285 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。リフォーム中の物件で、建築士の先生とお施主さまの協議で、シロアリ対策を実施が決まったことからお伺いした次第です。

床を撤去する程のリフォームではありませんが、既設の浴室の撤去や既存玄関の撤去などシロアリの侵入し易い箇所が中心に行われています。

写真は玄関枠付近の薬剤処理ですが、見ての通り玄関には多くの隙間があり、シロアリはその隙間から侵入します。その侵入部位に薬剤処理を行うと効率的に侵入阻止できます。

シロアリの侵入防止をするために、大量の薬剤は必要ありません。建物の構造とシロアリの生態を考慮すれば、必要最小限の薬剤量で対応可能です。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照の上、お問い合わせ下さい。

|

« 床下の湿気 | トップページ | 木材保存士登録更新講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64586274

この記事へのトラックバック一覧です: 侵入し易い箇所:

« 床下の湿気 | トップページ | 木材保存士登録更新講習会 »