« 効果の持続 | トップページ | 床下の湿気 »

2016年12月 4日 (日)

リフォーム中

Prevention284 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。リフォーム中の物件でのシロアリ対策です。

この物件では、浴室及び洗面で全面リフォームが行われました。その際、浴室土台でシロアリ被害と生息が確認されたとのことです。事前のシロアリ調査では、浴室以外にも洗面の壁内にもシロアリ被害の広がっている様子が確認されました。

既存浴室の撤去が完了し、状況を確認すると既にシロアリの姿はありません。シロアリは地中の巣系に逃げた状態となっています。この状態でシロアリ対策を行わずリフォームを続行すれば、リフォーム終了後に再侵入する可能性が極めて高くなるため、シロアリ対策は必須です。

一般的なシロアリ防除業者がシロアリ対策を行う場合、部分的なシロアリの生息であっても床下全面への薬剤処理が一般的です。今回の事例では、事前のシロアリ調査でシロアリ被害と生息が確認されていませんので、床下全面への処理は過剰であり、無駄な費用の投資です。シロアリ対策としては浴室と洗面だけで十分で、費用も抑制でき安全性も確保できます。

当社のシロアリ対策は、事前のシロアリ調査で本当に必要なシロアリ対策は何かを見極めて提案します。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照の上、お問い合わせ下さい。

|

« 効果の持続 | トップページ | 床下の湿気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64581641

この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム中:

« 効果の持続 | トップページ | 床下の湿気 »