« 玄関枠 | トップページ | 予防処理の必要はありません »

2017年1月18日 (水)

対策は必須

Lyctidae335 昨日は住宅管理会社さんからお問合せを頂き、大阪府内の物件にお伺いしました。入居されていた方が退去後、壁に小さな穴があいていたとのこと。インターネットで検索すると、ヒラタキクイムシではないかとお問合せ頂いた次第です。

早速現場で確認すると、壁のクロスに直径1~2ミリ程度の穴がありました。内部の被害部から虫体死骸を採取し、確認したところ在来種のヒラタキクイムシでした。

このケースでは、放置するのは行ってはいけない対策で、放置すれば更に繁殖が進み被害が拡大します。そのため対策は必須ですが、誤った対策を行うと被害は更に拡大するため注意が必要です。

以前このようなケースで、シロアリ用の木部処理用剤を塗布処理した害虫駆除業者や、ホウ酸製剤を塗布処理したハウスビルダーさんがおられました。当社でも実験を行いましたが、木部処理剤やホウ酸製剤では残念ながら駆除効果は期待できません。駆除と繁殖防止処理は似て異なるもので、薬剤の特性とヒラタキクイムシの生態を理解した上で対策を行う必要があります。

いずれにしてもヒラタキクイムシ対策は、事前の調査が必須です。なお、ヒラタキクイムシ調査につきましては、有料調査となります。詳細は阪神ターマイトラボのウェブサイトをご参照下さい。

|

« 玄関枠 | トップページ | 予防処理の必要はありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64775313

この記事へのトラックバック一覧です: 対策は必須:

« 玄関枠 | トップページ | 予防処理の必要はありません »