« 十日えびす残り福 | トップページ | 寒くても »

2017年1月13日 (金)

雨漏れは生物劣化を呼びます

Inspection888 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。

確認された被害らしき箇所は、2階など数箇所とのこと。早速現場を確認すると、壁の隙間から蟻道の噴き出しが確認されました。ハウスビルダーによって壁の一部を撤去すると、壁内では腐朽とシロアリ被害が確認されました。この被害はヤマトシロアリによるものです。

当該箇所は2階で、下から上がってきたものではなく羽アリの飛来から営巣したもので、その大きな要因の一つは雨漏れです。シロアリが営巣するためには、水の供給源が必要ですので雨漏れが供給源となればシロアリは営巣可能のです。

雨漏れはシロアリを営巣させなくても、腐れを発生させます。結局のところ、雨漏れを放置すればこうした生物劣化を引き起こすのです。

シロアリ被害がきっかけになりましたが、防水対策と併せてシロアリ対策及び防腐処理を施す予定です。但し、この雨漏れは構造上の問題が大きくかかわっていますので、一筋縄ではいかないようです。

|

« 十日えびす残り福 | トップページ | 寒くても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64754497

この記事へのトラックバック一覧です: 雨漏れは生物劣化を呼びます:

« 十日えびす残り福 | トップページ | 寒くても »