« 確定申告関係書類 | トップページ | 被害の広がり方から見るもの »

2017年2月 4日 (土)

活動範囲へ

Extermination541 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。先日調査を行った物件で、昨年末にサクラアリの羽アリが発生した物件です。

室内へ侵入するサクラアリは、最適な薬剤を活動域に薬剤処理することが基本となります。その方法には色々な方法がありますが、できるだけ建物にダメージを与えないことも重要な要素です。例えば窓枠の螺子穴であったり、写真のようにコンセント隙間から処理することで、建物にダメージを与えず処理することが可能です。

但し、感電には最新の注意が必要ですし、処理した薬剤が壁内でどのような挙動をしめしているかを想定しながら処理しなければなりません。ただ闇雲に薬を撒けばよいというものではないのです。

同業者の中にはどの薬剤を使えば良いのかと相談を頂く場合がありますが、処理方法を考慮しなければ何を使っても論外です。最終的には大量散布に頼らざるを得ないでしょう。

|

« 確定申告関係書類 | トップページ | 被害の広がり方から見るもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64849991

この記事へのトラックバック一覧です: 活動範囲へ:

« 確定申告関係書類 | トップページ | 被害の広がり方から見るもの »