« ウェブサイト更新 | トップページ | 厄介な構造 »

2017年3月 2日 (木)

伝統工法でのシロアリ駆除処理

Extermination544 右の写真は、一昨日シロアリ駆除処理でお伺いした物件で撮影した1枚です。いつもお世話になっている設計事務所さんからの依頼です。

この物件は、リフォーム中の古民家で、伝統工法ですが何度もリフォームされているようです。シロアリ被害は、和室の畳で確認されていました。そのため、リフォームのタイミングでシロアリ対策を行うこととなった次第です。

当初大工さんとの打ち合わせでは、床板に被害があると考えられていたため、既存床板を撤去後にシロアリ対策を行う予定でした。しかし、実際には床板に被害は殆どなく交換しなくてもよいこととなったことから、床下側からシロアリ調査と同時にシロアリ駆除処理をおこないました。

かなりの年数が経過した古民家ですが、何度もリフォームが実施され元々の伝統工法からかなり変更されています。シロアリは面白いもので、石場建て部分ではシロアリの侵入は確認されず、石場建てから高さの低い基礎へ変更された部分で確認されました。幸いにも被害が大引までで、床板には上がっていません。

それでもシロアリ被害は広範囲の確認され、シロアリ駆除作業は難航しました。通常、伝統工法の古民家の多くは、床下高が比較的高い物件が多いのですが、この物件では匍匐前進もままならない床下でした。これは地域的な要因があるのかもしれません。

|

« ウェブサイト更新 | トップページ | 厄介な構造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64962405

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統工法でのシロアリ駆除処理:

« ウェブサイト更新 | トップページ | 厄介な構造 »