« 想像以上 | トップページ | 季節に関係なく »

2017年3月12日 (日)

フローリングにあいた穴

Lyctidae337 昨日はお問い合わせを頂いた住宅管理会社さんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。築10年を超えるマンションで、フローリングに複数の穴が確認されているとのことです。

早速現場で、被害状況の確認と調査を行いました。虫孔から被害材内部にある虫体死骸を採取し同定を行った結果、外来種のアフリカヒラタキクイムシでした。

繁殖力の強い外来種ですので、きちんとした対応が必要です。年数が経過した木材は餌となるでんぷん質が変性し、食害を受けないと記載されているインターネットの情報がありますが、10年や15年程度ではでんぷん質は変性しません。実際の現場で被害を見たことがない、いい加減な情報発信なので注意が必要です。アフリカヒラタキクイムシの場合、見える場所だけではなく壁内で発生している可能性も考慮しなければなりません。

現時点では空き部屋状態ですが、売り主と買い主のどちらが負担するかで揉める可能性があるとのことです。当方としてはきちんとした対策を提案し、後は住宅管理会社さんの調整次第となります。

|

« 想像以上 | トップページ | 季節に関係なく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65006065

この記事へのトラックバック一覧です: フローリングにあいた穴:

« 想像以上 | トップページ | 季節に関係なく »