« 状況判断 | トップページ | 処理すべき場所 »

2017年3月17日 (金)

ライトトラップ管理

Lyctidae338 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんが管理されている物件にお伺いしました。大阪府内の物件で、外来種のアフリカヒラタキクイムシが発生しています。

この物件では、いつもお世話になっているハウスビルダーさんとは異なるハウスビルダーによってリフォームが行われ、その直後からアフリカヒラタキクイムシが発生していたとのことです。運悪く、リフォーム終了後にそのハウスビルダーさんが倒産したとのことです。その後を受け、いつもお世話になっているハウスビルダーさんが対応することとなり、駆除等の対応を小員が行うこととなった次第です。

被害部の撤去、薬剤処理を含め総合的な対策を実施、その後のモニタリングとしてアフリカヒラタキクイムシの正の走光性を利用したライトトラップによる管理を行っています。昨年同時期にライトトラップを設置しており、今回捕虫紙の回収及び捕獲状況の確認を行いました。捕獲結果ですが、数匹のアフリカヒラタキクイムシの捕獲が確認されました。

室内側では被害が確認されていないことから、壁内など見えない場所での発生が考えられます。モニタリングを継続し、今後の対応を考えたいと思います。

|

« 状況判断 | トップページ | 処理すべき場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65025699

この記事へのトラックバック一覧です: ライトトラップ管理:

« 状況判断 | トップページ | 処理すべき場所 »