« 土は介していません | トップページ | 2階の浴室で »

2017年3月 8日 (水)

雨漏れを放置した結果

Damage54 右の写真は、昨日ご紹介した物件で撮影した1枚です。シロアリ被害は2階の窓周辺で確認されており、雨漏れが主たる原因により当該箇所で営巣及び繁殖しているものと考えられました。

写真の部位は、その窓と接している外壁です。外壁面にはクラックも確認されており、雨水の浸入が考えられシロアリの不安があることから、外壁面の一部を壊して確認されたとのことです。この被害がシロアリであるのかの確認もご依頼頂きました。

結論的にはシロアリの被害はなく、被害は腐朽です。雨水の浸入によって、外壁内木部が朽ちた状態にあり、強度的には外壁のモルタルで持っている状態です。こうなると外壁内部を補強しても、木材腐朽菌が残っている状態ですので、すぐに腐朽が進行しますのできちんとした対処が求められます。

いずれにしても、雨漏れの放置は生物劣化を引き起こします。雨漏れが確認された段階で放置せず、必ず専門家に相談し正しい対策を実施することが重要です。

|

« 土は介していません | トップページ | 2階の浴室で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64983856

この記事へのトラックバック一覧です: 雨漏れを放置した結果:

« 土は介していません | トップページ | 2階の浴室で »