« 雨漏れを放置した結果 | トップページ | 増築された部分で »

2017年3月 9日 (木)

2階の浴室で

Extermination546 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。リフォーム中の物件で、浴室を解体した際にシロアリが確認されたとのことからシロアリ調査及び駆除処理でお伺いしました。

右の写真はその解体した様子で、所々にシロアリ被害が確認されています。浴室土台は既に原型はなく、土化していたとのことです。

ここで特筆すべきことは、この浴室は2階にあるということと、この物件は鉄骨で1階は店舗、水を使うことが殆どない環境です。

シロアリは地中から進行した訳ではなく、羽アリが飛来しペアリングした後、営巣したものと考えられました。営巣できた要因は安定した水の供給であり、その原因は雨漏れと浴室からの水漏れです。

鉄骨の物件であっても室内では木材が使用されており、水漏れという要因があれば生物劣化が起こります。水漏れを放置してはいけない、それこそがシロアリ対策であり生物劣化対策の基本なのです。

|

« 雨漏れを放置した結果 | トップページ | 増築された部分で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/64987959

この記事へのトラックバック一覧です: 2階の浴室で:

« 雨漏れを放置した結果 | トップページ | 増築された部分で »