« 石場建て伝統構法 | トップページ | 基礎内断熱 »

2017年4月18日 (火)

続く喫食

Bait59 昨日は、イエシロアリ対策で大阪府内の物件にお伺いしました。昨年の秋に誘殺ボックスを設置、毒餌処理を開始した物件です。毒餌剤を喫食させるためのシステムは当社オリジナルのもので、イエシロアリの生態を考慮したものとなっています。

晩秋まで毒餌剤の喫食速度が落ちず、冬季を迎えました。真冬はは全く活動が確認されない状態でしたが、啓蟄を過ぎる頃には再侵入し喫食が再開されました。今回の点検では、毒餌剤にカビの発生が確認されたため、一旦撤去し再度毒餌剤を施薬しました。

これまでに毒餌剤の喫食量を考慮すると、巣系は相当大きそうであることが考えられます。本巣があると想定していた住宅が取り壊された影響がどう出るかまだ不明ですが、いずれにしても毒餌剤の喫食を促進させ、早期駆除に努めたいと思います。

|

« 石場建て伝統構法 | トップページ | 基礎内断熱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65162691

この記事へのトラックバック一覧です: 続く喫食:

« 石場建て伝統構法 | トップページ | 基礎内断熱 »