« 外壁の隙間から羽アリ | トップページ | ウェブサイト更新 »

2017年5月31日 (水)

動きを見ながら

Ttd200 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、奈良県内の物件にシロアリ駆除でお伺いしました。

この物件はパッシブソーラーシステム構造で、シロアリ被害はリビングで発生しています。やや古いタイプに構造ですので、ベタ基礎ですが床下に入れるだけの高さのない構造です。

シロアリ被害の発生が確認された箇所は、部分的に深くなっており、どうやらこの部分はベタ基礎でなく、土間コンクリートになっており、立ち上がり部分のクラックから侵入しているものと考えられました。

パッシブソーラーシステム構造では、薬剤処理には細心の注意が必要です。床下の空気を室内へ取り込むシステムですので、床下で処理された薬剤は揮散し室内へ流入します。使用する薬剤の安全性や揮発性、処理量をどれだけ最小限に抑えることができるかがポイントです。

非破壊シロアリ探知機を用いてシロアリの動きを把握し、極めて少量の薬剤を注入します。ピンポイントで調査を繰り返しながら、無駄に薬剤を使わないことが絶対条件です。動力噴霧器を用いて処理するシロアリ防除業者には、到底無理な作業です。

当社では、建物構造に応じたシロアリ対策を行っています。シロアリ調査、駆除、対策お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 外壁の隙間から羽アリ | トップページ | ウェブサイト更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65348514

この記事へのトラックバック一覧です: 動きを見ながら:

« 外壁の隙間から羽アリ | トップページ | ウェブサイト更新 »