« 補虫紙検定 | トップページ | 大量散布の必要はありません »

2017年5月21日 (日)

生息想定場所

Extermination558 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。昨年から案件の物件で、毎年羽アリの発生している物件です。

この物件は工場で、羽アリが発生したのは一部にしか過ぎません。数年前に協会加盟のシロアリ防除業者が、保証なしであればと処理したようです。しかし、処理も虚しく羽アリは出続けているとのことです。

昨年連絡を頂いた時には、羽アリがどのような発生しているのか確認できていなかったこと、特に被害が見当たらないことから、一旦処理を保留させて頂きました。

ゴールデンウィーク中に羽アリが発生したことから、再度状況を確認、周辺調査を行い、薬剤処理ポイントの策定を行いました。結論的には、土間コンクリート下の土壌に対して薬剤注入処理を行いました。現時点でシロアリは地中を中心に活動しており、建物内部の木部に被害を与えている訳ではありません。ただ、羽アリの出口として室内側が選択されただけにしか過ぎなかったのです。但し、製商品に羽アリ死骸が異物混入する可能性があることから、地中のコロニーを駆除することは有効なのです。

当社では、シロアリの生態と建物構造に合わせてシロアリ対策を実施します。シロアリ調査、駆除、対策お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 補虫紙検定 | トップページ | 大量散布の必要はありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65309858

この記事へのトラックバック一覧です: 生息想定場所:

« 補虫紙検定 | トップページ | 大量散布の必要はありません »