« 調査用トラップ | トップページ | マンションで発生した羽アリ »

2017年5月 1日 (月)

ウェブサイト更新

Top201705 今月も阪神ターマイトラボのウェブサイトを更新しました。今回のトップページ画像は、先月に引き続きヤマトシロアリの羽アリの画像です。

阪神間では4月の中旬過ぎからヤマトシロアリの羽アリの群飛が始まりました。群飛は殆どの場合、2~3日で終わります。羽アリが発生した場合、殆どの方が市販の殺虫スプレーをかけます。羽アリはすぐに死んでしまうため、羽アリの発生は収まったと判断してしまいます。

羽アリはシロアリの集団(コロニー)の中の一部にしか過ぎず、羽アリがでなくなっても木材中にはシロアリの職蟻が潜み、木材に被害を与えています。そのまま放置すると、被害はどんどん大きくなっていきます。だからきちんとしたシロアリ調査を行い、必要なシロアリ駆除を行うのです。

一般的に行われているシロアリ駆除は、予防処理と合わせて高濃度殺虫剤の大量散布が行われます。この方法では、お住まいの方の薬剤曝露リスクが向上するため、お薦めできる方法ではありません。徹底したシロアリ調査を行い、生息範囲と侵入経路を精査できれば、最小限の薬剤量で駆除することが可能です。しかし、これには技術を知識を要し、どのシロアリ防除業者にできる訳ではありません。

当社では必要最小限の薬剤量でのシロアリ対策を推奨し、お住まいの方安全性に配慮しています。お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 調査用トラップ | トップページ | マンションで発生した羽アリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65221067

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブサイト更新:

« 調査用トラップ | トップページ | マンションで発生した羽アリ »