« 外壁から羽アリ | トップページ | 天井から羽アリが »

2017年5月 7日 (日)

夜に羽アリが

Inspection918 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。玄関ホール付近で羽アリが発生したとのことです。ちなみに羽アリが確認されたのは、夜の8時頃とのことです。

羽アリは、既に市販の殺虫スプレーによって致死状態にあり、沢山の翅と死骸がありました。どうやら増築した接点部分から発生したようですが、この物件も構造に問題があります。玄関ホール周辺は元々店舗の厨房があった部分で、リフォームによって床下へコンクリートが流し込まれている構造です。当然ですが、床下側からの点検調査はできません。

何故床下側からの点検調査が重要かというと、シロアリは概ね地中に生息するケースが多く、基礎や床束に蟻道を構築して家屋内へ侵入します。木材に生息するケースもありますが、その場合でも木材の含水率の高い場所に生息するケースが殆どですので、含水率が必然的に高くなる床下側の木材に生息します。床上に被害が確認されるケースの殆どで、床下側の被害は床上よりも概ね大きくなります。侵入したシロアリは床下側の床組で被害を与え、やがて床上にまで広がるのです。最初から床上に被害を与えるケースはありますが、レアケースと言っても過言ではありません。だから床下側からの点検調査が必須なのです。

床下側からの点検調査では、シロアリの侵入経路や生息範囲などを調べます。どこに薬剤処理すれば、より効率的にシロアリ駆除できるかを調べるためです。今回のケースでは、床下がありませんので侵入経路や生息範囲を調べるのは困難です。しかし、羽アリに発生時間にヒントがあり、それらからシロアリの侵入経路や生息範囲を精査し、より安全なシロアリ対策を考えたいと思います。

|

« 外壁から羽アリ | トップページ | 天井から羽アリが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65243740

この記事へのトラックバック一覧です: 夜に羽アリが:

« 外壁から羽アリ | トップページ | 天井から羽アリが »