« 発生源対策 | トップページ | 乾燥はシロアリ対策ではない »

2017年5月25日 (木)

被害があり羽アリも発生しましたが

Ttd199 昨日はいつもお世話になっている害虫駆除業者さんからの依頼で、京都府内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。この物件は店舗で、5月上旬の夕方に羽アリが大量発生したとのことです。

早速現場を確認すると、シロアリ被害が確認されました。土間から和室へ立ち上がった部分で、当該箇所から羽アリが発生したとのことです。被害部周辺を調査すると、羽アリ死骸を確認、同定した結果ヤマトシロアリの羽アリでした。

被害箇所や羽アリ発生箇所について、非破壊シロアリ探知機を用いて調査した結果、シロアリの活動は確認されませんでした。この原因は、従業員さんが殺虫スプレーを撒いたことによるものと考えられました。殺虫スプレーに含まれる有効成分は忌避性が高く、撒くことによって致死するよりも圧倒的に逃亡する数の方が多いのです。そのため、現時点で被害部等に生息及び活動していないのです。

但し薬剤が揮散、分解し易いため、やがて再侵入します。殺虫スプレーで集団を駆除するのはほぼ無理なのです。当社のシロアリ対策は、コロニーの駆除を目的としていますので、創意工夫で対応したいと思います。シロアリ調査、駆除、対策お問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 発生源対策 | トップページ | 乾燥はシロアリ対策ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65322685

この記事へのトラックバック一覧です: 被害があり羽アリも発生しましたが:

« 発生源対策 | トップページ | 乾燥はシロアリ対策ではない »