« 古民家リフォーム | トップページ | 非破壊シロアリ調査 »

2017年6月22日 (木)

南側広縁

Extermination564 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。今年の初春にシロアリ調査を行った物件で、やっと日程が合いシロアリ駆除にお伺いした次第です。

この物件は古民家ですが、増改築が繰り返し行われている物件です。シロアリ被害は建物南側の広縁で確認されていました。前回のシロアリ調査でも被害とともに侵入及び活動も確認されていました。

シロアリの生息部や侵入経路に対して、駆除に適した薬剤を、規定通りでない濃度と処理量を注入しました。コロニーを意識した処理では、規定量や規定希釈倍率など役に立ちません。殺虫成分の特性を生かすのであれば、最適な濃度と処理量で処理することが重要です。

今回の物件では、シロアリ被害は南側へ集中していました。文献や教科書、ホームページなどを見ると、シロアリは湿気の高い建物北側で発生するという記述を見ます。これは実際の現場に携わった人の意見でないことは明白で、シロアリに法則性はあっても法則はないのです。概ね湿気の高い場所に侵入しますが、湿気のない場所でも侵入することを理解しておかなければシロアリ駆除はできません。法則にこだわると、シロアリの動きを見失いまともな駆除はできないのです。

当社では徹底したシロアリ調査により、最適なシロアリ対策を提案します。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 古民家リフォーム | トップページ | 非破壊シロアリ調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65439951

この記事へのトラックバック一覧です: 南側広縁:

« 古民家リフォーム | トップページ | 非破壊シロアリ調査 »