« 発生した羽アリは | トップページ | シロアリ被害ではありませんが »

2017年7月19日 (水)

羽アリの発生は梁から

Inspection944 昨日はいつもお世話になっている建築士の先生からの依頼で、奈良県内の物件にシロアリ調査でお伺いしました。今年の5月に梁付近から羽アリが発生したとのことです。

早速現場を調査を行うと、吹き抜け部分の梁付近にシロアリ被害と群飛孔が確認されました。室内を確認すると落翅も確認されており、翅脈からもヤマトシロアリであることを確認しました。

周辺を更に調査すると、柱の割れ目部分に蟻道の構築が確認されたことから、シロアリはち地中からの侵入であることを確認しました。ちなみにこの梁は、2階部分にあた梁でかなりの高所です。どこかに水の供給源である雨漏れがあると考えられました。

いずれにしても、当該箇所のシロアリ駆除処理は必須です。建物が古いだけあって今後建物自体をどうするかの方向性次第で建物全体のシロアリ対策を考えるのか、リフォームも含めてどうするのかをお施主さまに委ねることとなりました。シロアリ対策は薬剤を撒くだけでなく、構造的にどう考えるかも重要です。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 発生した羽アリは | トップページ | シロアリ被害ではありませんが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65554708

この記事へのトラックバック一覧です: 羽アリの発生は梁から:

« 発生した羽アリは | トップページ | シロアリ被害ではありませんが »