« 天井まで広がる被害 | トップページ | 高所 »

2017年7月 5日 (水)

個別の巣系

Inspection940 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。リフォーム中の物件で、シロアリ被害及び生息が確認されたとのことから、シロアリ調査でお伺いした次第です。

シロアリ被害及び生息については、和室土台に被害が確認されたものの、基礎面に蟻道の構築はありません。この土台は玄関に隣接していることから、玄関側のコンクリート接合部から侵入したものと考えられました。

更に調査を進めると、ベランダ下の梁周辺で雨漏れが確認されました。その雨漏れ部を詳細に調査すると、蟻道の構築が確認されました。ちなみに床下側からの侵入が確認されなかったことから、当該雨漏れ部に営巣しているものと判断されました。

ちなみにこの物件では、これら被害以外にキッチンでも被害が確認されました。この侵入経路については、布基礎のクラックで蟻道の構築が目視できないため、ハウスビルダーさんも首を捻られていたようです。

このようにシロアリ被害が点在するケースでは、シロアリのコロニーが複数あると考えなければいけません。シロアリ駆除では、これらシロアリのコロニーを一つ一つ潰すイメージが必要です。その場合でも大量の薬剤は必要なく、僅かな薬剤量でも十分シロアリ駆除は可能です。薬剤の大量散布は、お住まいの方への薬剤曝露リスクを向上させます。そのため当社では、必要最小限の薬剤処理でシロアリ対策を考えます。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 天井まで広がる被害 | トップページ | 高所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65497143

この記事へのトラックバック一覧です: 個別の巣系:

« 天井まで広がる被害 | トップページ | 高所 »