« 2ヶ月近く | トップページ | 雨漏れは生物劣化の原因 »

2017年8月 8日 (火)

続く高活性

高活性状態が継続しているイエシロアリ 昨日はいつもお世話になっている害虫駆除業者さんからの依頼で、大阪府内の物件にお伺いしました。イエシロアリの発生が確認されている店舗で、先月からブリングシステムを設置しています。

これまでの点検結果から、ブリングベイトの消費速度も捉えることができたことから、点検にお伺いしました。ブリングベイトもほぼ完食されており、高活性状態は続いているようです。

脱皮阻害剤をベイトに用いておりますので、先日目を通した文献からするともう少し時間がかかるようです。

ベイトシステムは、設置場所をどこにするかが重要です。建物外周部に埋設するベイト工法は、シロアリがベイトステーションに入るまで待つ受動的な方法です。イエシロアリに対しては、ブリングシステムのような能動的な方法が有効です。

ベイトシステムは、そのイエシロアリの生態を利用したシステムです。そのため、イエシロアリの生態を理解することが非常に重要であり、当社ではイエシロアリの飼育及び観察、薬剤試験を行っています。イエシロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 2ヶ月近く | トップページ | 雨漏れは生物劣化の原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65632545

この記事へのトラックバック一覧です: 続く高活性:

« 2ヶ月近く | トップページ | 雨漏れは生物劣化の原因 »