« 雨漏れは生物劣化の原因 | トップページ | 定期健康診断 »

2017年8月10日 (木)

施工前調査

浴室壁面の柱撤去部分蟻道跡 昨日はいつもお世話になっているハウスビルダーさんからの依頼で、兵庫県内の物件にお伺いしました。リフォーム計画段階でハウスビルダーさんが調査した際、浴室や和室でシロアリ被害が確認されたそうです。事前に写真など多くの情報を頂いていましたので、リフォーム進行に合わせてシロアリ対策を実施する次第となりました。

施工前にシロアリ調査を実施した結果、右の写真のとおり、壁面の柱撤去部分に蟻道跡が確認されました。地面方向から侵入し、天井付近にまで伸びている様子が確認されました。

和室の被害部は既に撤去交換されており、状況は確認できませんでした。今回、リフォーム未実施部分の和室についてシロアリ調査を行った結果、複数の蟻道が確認されました。床上に被害は広がっていないものの、床組には被害が確認されました。

当該地区はイエシロアリの生息地域であることから、シロアリ駆除に加え侵入防止処理を施しました。当然ですが、お住まいの方への安全を最大限に配慮をした処理を行いました。当社では、薬剤の大量散布に頼らないシロアリ対策をお薦めしています。シロアリ調査、駆除、対策のお問合せは阪神ターマイトラボのウェブサイトからお願いいたします。

|

« 雨漏れは生物劣化の原因 | トップページ | 定期健康診断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200707/65643597

この記事へのトラックバック一覧です: 施工前調査:

« 雨漏れは生物劣化の原因 | トップページ | 定期健康診断 »